地元・佐賀への調和と貢献

次世代へ継承するのは技術と心を動かす夢と感動

代表挨拶

当社は、明治十九年に機械大工の鶴澤栄吉が、素麺機の凹凸噛合式剪定機を発明したのが始まりで

栄吉の娘婿・大隈栄吉(工作機械メーカーOKUMA創業者)と協力して、5千円の資金を集め(当時米1表は10銭)佐賀市の伊勢屋町に職人40人 規模の工場を創業したのが始まりです。麺機の評判は大変良く、販路を西日本一円、遠くは韓国&中国まで拡大しました。

戦後は、鍋鎌製作からの出発で佐賀の立地等を考え、油圧バルブを主体にした製缶-精密加工-機械組立まで製作出来る総合メーカーを目指し 現在は、精密機械加工、油圧バルブ・蒸気バルブ・産業機械等の装置品を製作しております。

社員は日々誠実をモットーに常にお客様より頼られるメーカーたるべく努力を重ねています。

創業以来、今日まで多くのお客様及びパートナー様、また社員一人一人がそれぞれの立場での頑張りで、今日の鶴沢鉄工所は大きく成長することが出来ました。

今後も社員一同誠心誠意努力し、一層技術の研鑽と生産性の向上、品質向上に励み更に大きく飛躍を期して参ります。

代表取締役社長 鶴澤万寿夫

経営理念



お客様第一の精神を旨とし、社業を通じて地域社会との調和と貢献を目指す。
公私の別を明らかにし、明朗精神・質実剛健を尊び、社員同士の闊達な社風を全員で創造する。
伝統の重みを感じつつ、日々独自能力の研鑽と革新の精神を持ち続け、夢と感動を次世代へ継承する。



会社概要

会社名 株式会社 鶴沢鉄工所
(英語表記 Tsurusawa Iron Works Co.,Ltd)
創業 明治19年7月12日
事業内容 機械加工、油圧バルブ・油圧制御器・蒸気バルブの製造
代表者 代表取締役会長 鶴澤順一
代表取締役社長 鶴澤万寿夫
資本金 1000万円
従業員数 40名
住所 〒845-0003 佐賀県小城市小城町岩藏2575番地5 蛍の郷ファクトリーパーク
電話番号
FAX番号

[代表]
 TEL:0952-20-7221
 FAX:0952-20-7222

取引銀行 佐賀銀行・日本政策金融公庫
ISO登録証 ISO9001:2015/JIS Q 9001:2015
登録日:2015年11月12日 登録番号:4717

登録証 クリックすると拡大します

会社沿革

明治19年個人経営鶴沢鉄工所として創業
鶴沢式製麺機の製造開始感謝状
昭和7年三菱長崎造船所の下請加工
昭和12年陸軍小倉造幣廠の下請加工
昭和14年株式会社鶴沢鉄工所として株式組織に改正・設立
昭和18年大村海軍航空廠、佐世保海軍工廠の軍需品加工
昭和20年終戦後、専ら製麺機の製作に従事
昭和24年鶴沢麺機製造株式会社に改称
昭和26年三菱広島精機,三菱長崎造船所福岡工作部の下請加工
昭和32年株式会社鶴沢鉄工所と改称
昭和33年三井三池製作所の下請加工
昭和34年新日鉄八幡製鉄所の下請加工
昭和36年三菱下関造船所の下請加工
昭和48年製缶事業開始
三菱重工業株式会社下関造船所 感謝賞受賞
三菱重工業株式会社長崎造船所 感謝賞受賞
昭和50年全国農機具共進会 銀賞受賞
昭和52年三菱重工業株式会社長崎造船所 感謝賞受賞
昭和59年科学技術庁長官賞を受賞(中島次長)
平成14年三菱重工業株式会社下関造船所 感謝賞受賞
平成19年高度熟練技能者認定 機械加工部門(引地社員)
平成27年ISO9001認証取得
平成28年MHPS長崎 感謝状受賞(12月)
優良加工外注パートナー賞 感謝状
平成29年小城工場完成(10月)平成30年小城へ工場移転
令和2年鶴澤順一 代表取締役会長に就任 鶴澤万寿夫 六代目代表取締役社長に就任
令和2年厚生労働省「ものづくりマイスター」に認定(引地社員)